「自分を愛せなくなってしまった人へ」ツール4

p130
この世の全ての存在がコップだと思ってください。この世は沢山のコップがひしめき合っており、愛はこのコップが満たしたいと願っている液体です。でも私たちの住むこの世界では、コップが傾くことはありません。ですから他人に自分の愛の液体を与えて愛を示そうとする試みは無駄に終わります。それはコップが傾かない世界ではうまくいかないのです。ではこの世界ではどうすれば他人のコップをいっぱいにできるのでしょうか?答えは溢れるまで自分のコップをいっぱいにすることです。これはあらゆるものについて言えることです。あなたが何かを溢れるほど手にした時、その溢れ出た物が世の中を潤すでしょう。

自分に愛を示す方法(例)
・自分を愛している人は今何をするだろうか?
・真実を言う(特に自分に対して)
・自分の感情を大切にしてその感情に応える
・感情は重要なシグナルであることを忘れない
・自分を幸せにして自分がどう感じるかを人生の最優先事項にする
・自分が恐れているものを認める
・自分のこれまでの誤りを許す
・自分が望まないことはしない
・自分がうらやむ人と自分を比較しない
・他人からの愛情を受け入れる
・他人が望んでいると思う接し方で自分にも接する
・最も抵抗の少ない道を選ぶ
・自分を大切に思っていることを示すためにたまには欲しいものを買う

自分を愛することの目標は、他人から何ももらう必要のない孤立した小宇宙になることではありません。

 

ほとんどの人は自分に愛を与えることをしません。

リストはたくさんありますが、どれかひとつでもいいから自分にできることをひとつ決めましょう。私はすでにひとつ決めていて、何かあるたびに毎日思い出しては自分に問いかけています。

 

 

 

「自分を愛せなくなってしまった人へ」著:ティール・スワン 訳:奥野節子 発行:株式会社ナチュラルスピリット