「自分を愛せなくなってしまった人へ」ツール3

p126

私たちは、自分の真の動機が何であるかについて、正直になる必要があります。自分を愛するとは人生で何よりも幸せを優先することだ、と既に知っているはずです。

 

p126

私たちの誰もが、空虚感のない幸せな人生を望んでいるとしましょう。では、もし自分が世界の中のお金を全て持っているとしたら、何をするだろうか?と自分に尋ねてください。この質問を言い換えるなら、たとえお金がもらえなくてもしたいと思うことは何だろうか?です。

 

p128

あなたは自分が欲しいものは何でも望んでいいのです。それがお金持ちになる事だろうと、お金に支配されていない世界に住むことだろうと構いません。また幸せな結婚を望んでも、独身で世界中を放浪することを望んでも構いません。大邸宅に住みたいと思おうと、シンプルな生活を好もうと、自由なのです。

 

p128

自分を愛することは、自分自身の幸せのために生きようと決心することから始まります。

 

たとえお金をもらえなくてもしたいこと、、、なかなか厳しい選択になりますね。それでも長続きするだろうことは今になれば分かりますが。どちらにしても自分に正直に決心することが自分を愛することの始まりなんですよね。

 

 

「自分を愛せなくなってしまった人へ」著:ティール・スワン 訳:奥野節子 発行:株式会社ナチュラルスピリット