· 

細胞が音を出す

細胞が⾃然な代謝機能の特徴として⾳を出すという発⾒は、2002年にUCLAのジェームズギムゼフスキー教授によってなされたそうです。

 

ウォータージャーナルに発表された研究では、今回は正常な細胞(写真左)と異常な細胞(写真右)を可視化することに成功したそうです。

 

分かりやすいですね。

 

身体のほとんどは水ですから、良い波動(音や意識の波動)を浴びせれば、細胞レベルで共鳴するというのは直感的に分かります。

 

やっと技術が追い付いてきたという感じがします。

 

https://www.greenmedinfo.com/blog/harmony-becomes-cacophony-when-healthy-cells-become-cancerous