· 

  読書感想「無意識がわかれば人生が変わる」

対談本はめったに読まないのだけれど、幸福学の前野さんが無意識についてどんな対話をするのか気になって読んでみました。

相手の方(由佐さん)はこの本を読むまではまったく存じあげなかったのだけれど、対話で出てくる上から降ってくるような(本人が言っている)自然な感じの言葉はすっと入ってきました。

人間のこの世界は全てを無意識のエネルギー、生存適合OSに突き動かされています。

影響されていないことは皆無と言ってもいいです。

解釈・認知の世界です。(いやもっと深い)

体験したことをヒントに何がそれを生んでいるのか、丁寧に感じながら自覚して生きていけることができるのなら、時にはOSをバージョンアップしながら、もっと自分で納得しながら生きていくこともできるのではないだろうか。

反応的に現実に抵抗しながら生きるのではなく、今まで見たこともない視座と広い実際の体験の中で。

メンタルモデルの4つの分け方もとっても参考になりました。ちなみに自分は何度やっても「ひとりぼっちモデル」でした。

でも最近は、いろんな人とこういう世界を広げて共に体験していけると本気で思っています。