心理療法

心理療法 · 18日 4月 2022
意識できているかどうかに関わらず、すべての人がトラウマを持っています。 これは言い切れます。 トラウマとは心の傷で、過去に体験した辛い感情を伴う出来事がたびたび思い起こされて、今の思考や感情や行動に影響を与えてしまうようなことです。 言葉としての大きな意味のトラウマは、ほとんどの人がご存じかと思います。...
心理療法 · 17日 4月 2022
組織の中にいると常にこの課題にぶちあたります。 どうしたら気づきが生まれるのか? どうしたら変わりたいって思うのか? それはトップダウンでできることなのか? 答えはほとんどの人が自分の体験で気づいている通りです。 トップダウンなんかで「私は変わりたいと思った!」なんてことは極めてまれです。...
心理療法 · 06日 10月 2021
日本で心理療法、ボディワーク、スピリチュアリティ、エコロジー、ホリスティック医療といった分野で第一人者として活躍している方々の多くが、1980年代に吉福さんの影響を強く受けているそうです。そんな吉福さんの言葉を紹介した本を読んで、なるほど! と私がとても感銘を受けた部分のご紹介です。...
心理療法 · 06日 10月 2021
無意識領域に固着してしまう役に立たない固定観念の要因は、なにも大きなトラウマ的な出来事だけとは限りません。 その多くは、日常的な些細に見える出来事として、「見えないコントロール」として起きています。 見えないコントロールのひとつに「ダブルバインド(二重拘束)」というものがあります。 日常的に起こる虐待と言ってもいいと思います。...
心理療法 · 23日 5月 2021
「パブロフの犬」とは、 犬にベルを鳴らしてえさを与えると、ベルを鳴らしただけで、犬がだ液を分泌するようになる。ロシアのパブロフ(1849〜1936年)が実験で発見した生理現象で、心理療法の世界では広く知られています。 誰かに怒られて、つい自動反応してしまうのもこれと同じです。誰でも何かのことで条件付けされています。...
心理療法 · 24日 2月 2021
私たちは、無意識の固定観念によって、顕在意識や行動をコントロールされています。 その固定観念に対して、他の見方もあることを知ることで、意外な気づきのヒントになる場合もあります。 これはバイロンケイティのザ・ワークの置き換え方をベースにしてみました。...
心理療法 · 26日 7月 2020
昨日はゲシュタルトの無料オンラインセミナーに参加させてもらいました。 いくつかの質問をさせてもらいました。 私が質問することでなんだか喜んでおられたようでした。 たぶんそんなに質問があるとは予想していなかった様子で、私もうれしくなり、これが魂が喜んでいる感覚だな、って思いました。 関心領域が近くて分かりあえるという感覚。...