ハンドヒーリング


ハンドヒーリングの中でも日本発祥のレイキ(霊氣・REIKI)が世界で最も知られています。

 

世界のレイキ実践者は500万人~800万人(日本国内では約10万人)と推定されています。イギリスやオランダでは、既に健康保険の対象として公認され、アメリカでもレイキが最も広まっています。

 

当方ではレイキの形式を踏襲しながら、実質的にはもっとエネルギーレベルの高い「波動エネルギー療法」をバックボーンとして施術しています。

 

コーチングやチームビルディングの分野とかけ離れているように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、成長とは何か?、働きがいとは何か?、生きがいとは何か?、などを深く理解・探求しようとしたときには、必ず意識の世界に行き当たります。

 

意識とは波動でエネルギーです。

 

何も無いように見えるこの空間にはエネルギーが波動の状態で充満しています。

 

そして、この空間を伝わってエネルギーを送ります。

 

エネルギーを受け取る効果を高めるためには、自分自身は本当は波動であると理解することが役に立ちますし、受け取る気持ちがない場合は伝わりません。

 

ただ、エネルギーを受け取ったとしても、誰でもがすぐに体調や心がすぐに楽になるわけではありません。

 

その人が本来体験すべきことは体験すべきことなのです。

 

どんなに自分がいやな体験だと思っていてもです。

 

起きることはやはり起きます。どのような体験なのかは、あなたがどのように感じたいか、によります。

 

意識である魂を磨くために必要な体験が誰にでも訪れます。人間であれば例外なくです。

 

したがって送るエネルギーは、あなた自身の魂が本当にやりたいこと、ありたいこと、を選びとるためのエネルギーをサポートするためだと思ってください。

 

したがって、心や身体の痛みがある方で、痛みが改善した方があなたのためになる場合は改善するでしょうし、そうでない場合はすぐには改善しないでしょう。

 

もし改善しない場合は、改善しないこと自体に、あなたが先に気づいた方がいい何らかの理由があります。

 

それに気づくことができて、もうそんなことはいやだ、と思える方は改善する可能性が高まります。

 

ヒーリングはただの癒しではありません。

 

意識が受動的なままでは、一時的な癒しは得られたとしても、すぐに元に戻ります。

 

したがって、ご自分の自助努力も求められます。

 

食事,生活習慣,自分や他人に対する反応の仕方など、自他ともに大切に思う気持ちがどうなのか? を見直してみましょう。

 

 

 

自分自身を信頼できないとき、それは他人を信頼できないことと同じです。

 

自分には無条件の愛情を受け取る価値がないのでは、と無意識に思っていることで不安になりやすく、他人を信じる気持ちを喪失してしまいます。

 

ハンドヒーリングは無条件に愛情を受け取る練習にもつながります。

 

人間が人間らしく生きるために最も必要なのは、本当の自分自身とつながりながら、誰かともつながることです。

 

最もつらい孤独感は、人々が溢れている部屋の中で感じられる寂しさです。

 

人々に囲まれている時でさえ、つながっていると感じられない孤独感は、食料品店にいながら餓死しそうになっている苦しみと似ています。

 

ぬくもりやエネルギーを受け入れることで、受け取る自分の存在価値を感じ、少しずつ自己肯定感を取り戻し、相手を信じられ、自分の中の温かさを増幅していくことにつながります。

 

ハンドヒーリングは、すべてを好循環に向かわせるきっかけになると思います。

 

誰にでも変化が現れるわけではありません。

 

自身が気づいていなくても、魂のレベルで準備が出来ている方が結果的に、ご縁があってお申し込みすることになるでしょう。

 

まずはお気軽にお試しを。

 

但し、その場限りの気晴らしだけが目的の方はお申し込みをご遠慮ください。

 

※カウンセリングと並行して受けることでエネルギーが入りやすくなります。

 


費用


☆収入の無い学生についての費用は必要経費のみをご相談の上で頂戴しますが、対価としては無料とします。

 

 ☆1回60分通常6000円+必要経費 のところ、3000円都度払い+必要経費(ご相談の上で)

 

※必要経費は主に「交通費・駐車場代・会場費」

 

※おおよその時間配分は20分間カウンセリング、40分間ヒーリング です。

 

※医療行為ではありません。必ずしも何らかの症状や痛みが治ったり軽減することを保証するものではありません。

 

※未成年の女性の方は保護者の立ち合いをお願いします。  

 

エネルギーを受け取ります、と宣言できることだけが前提条件になります。


参考文献

・「癒しの現代霊気法-伝統技法と西洋レイキの神髄」土屋裕 元就出版社

・「霊的治療の解明」 ハリー・エドワーズ 国書刊行会

・「シルバーバーチの霊訓」 近藤千雄 訳 潮文社

・「スピリチュアルヒーリングとホリスティック医学」日本スピリチュアル・ヒーラーグループ

・「波動エネルギー療法」 入澤大輔 波動エネルギー療法院 池袋


これは代表的な手を当てる位置です。

 

手を軽く触れるだけで整体や按摩のように揉んだりすることはありません。

 

ご希望によっては身体に触れずに手をかざすことでもOKです。

 

根源的には 肉体的 心理的 な部分に多少の差は生じても、魂レベルでみたときには手の当て方による差は何もありません。

 

また、場所の都合や本人のご希望によっては、座った姿勢のままで、頭部と背中を中心に施すことも選択可能です。