カウンセリング


傾聴を中心に自分自身に向き合うためのサポートをします。

 

傾聴では、いままでのあなたの生きてきたストーリーをお聴きし理解していきます。

 

そして今のあなたが何を大切にし、何を感じ、何にとらわれて生きづらくなっているのかを一緒に探求していきます。

 

体調不良は感情というある種の警報システムを無視してきた最後の警報として現れる場合が多いですから、最終的に身体の症状として出てくる前に早め早めのカウンセリングをおすすめします。 

 

固定観念(思い込み)を一緒に見つけ出して、解消するお手伝いもします。

 

このような方々におすすめします。

・常に不安がある

・不安で眠れない

・なんだか気力が湧かない

・引きこもりがち

・生きづらい

・子供が不登校

・学校や会社に行こうとすると不安になる

・仕事が心理的につらい

・何に対しても自信が無い

・何かをしたい思いはあるけれど、それが何か分からない

・新しいことに興味が湧かない

・過去を頻繁に後悔してしまう

・何かに対して強い罪悪感を感じてしまう

・職場にいるだけでつらい

・職場に行けない

・特定の人に対して反応的になってしまう

・家族関係がうまくいかない

・子供がいうことを聞いてくれない

・子供に対してつらく当たりがち

・相手に変わってほしい思いが強く苦しい

・常にイライラしている

・他人からどう見られているのか強く気にする

・自分の性格をなんとかしたい

・孤独感が強くむなしさを感じる

・身近に頼れる人、相談できる人、信頼できる人 がいないと感じている

・誰にも話せないことをただそばにいて心で聴いてほしい

 

 

さらに、ご希望によっては、座ったまま受けることが可能な簡易的なハンドヒーリングも10分間程度施します。

 


費用


☆料金はメニューの「料金一覧表」をご確認ください。

 

※医療行為ではありません。

 

※すでに精神科・心療内科で薬物療法を受けている人は、お申し込みの前に主治医とご相談の上でお願いします。

  

 オープンハートになれることが前提条件になります。